母子家庭という理由で反対され、結婚ができない場合にはどうしたらいいの?

母子家庭である事が理由で、

結婚相手の両親に反対されて

結婚できないという話を耳にすることがあります。

 

 

私の知人にもそういったケースがあったのですが、

母子家庭で育つと、

あまり家庭的に育たないなどの偏見がまだあるようです。

 

 

両親揃った家庭では、

母親の役割と父親の威厳の中で育っていきますが、

片親だと何らかの欠落があるのではと思われ

結婚できないことがある様です。

 

 

では、母子家庭だからといった偏見で反対される事無く、

結婚にたどり着く為にはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

欠落があるなんて考えは間違い!?母子家庭だからこその強みも!

私の年の離れた姉は、

母子家庭で立派に二人の娘を育て上げました。

 

 

長女は去年結婚しましたが、母親の頑張りと、

父親が居なくても父親の役割まで

果たしてくれた母の姿を見て育っているので、

私から見てもとても頼もしいです。

 

 

元々は主婦がこなすはずの家事は勿論ですが、

電化製品の配線から力仕事まで、

あらゆるジャンルに対応できます。

 

 

母子家庭だと甘やかされて育って

家庭的には育たないなんてイメージもあるようですが、

そうとも限らない事実もあります。

 

 

母子家庭に偏見を持たない相手と出会える婚活がオススメ!

母子家庭だからといって

欠落した部分があるとも限りませんし、

逆に両親が揃っていても何らかの欠落がある人間も居ます。

 

 

要は、母子家庭という事に偏見を持たずに

1人の人間として見てくれる

お相手を探す事が一番なのではないでしょうか。

 

 

とはいえ、出会った相手に

1人1人に母子家庭だということを宣言して、

それでもいいのかと確認することは困難ですよね。

 

 

そんな時には結婚相談所を利用して、

偏見を持たないパートナーを探してみてはいかがでしょうか?

 

 

結婚相談所では、自身の条件に合った方が探せる他、

仕事上出会いがなくて結婚できないという方も大勢活動されています。

 

 

そういう私も結婚相談所で

パートナーを見つけて結婚した1人なのですが、

出会った方の中には、

母子家庭や父子家庭の方もおられました。

 

 

それが理由で欠落を感じたことも無かったですし、

実際私の夫も母子家庭育ちです。

 

 

欠落を感じるどころか、逆によく働き、

ゴミ出しや食器洗いなど協力的な出来た夫です。

 

 

根強く残っている偏見もありますが、

母子家庭だということが理由で結婚できないとお悩みの方は、

結婚相談所を活用して

未来の旦那様を見つけてみるといいかもしれませんよ!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ