独身は老後を考えると寂しい?生涯一人でいるのを避けるには?

近年では晩婚化が進み、結婚という形に囚われずに

独身を貫く方が増えてきています。

 

 

ある程度の歳になっても結婚しないでいると、

「なぜ結婚しないのか?」

「結婚出来ないなんてなんか正確に問題があるのでは?」

などと囁かれてしまいがちですが、

そもそも絶対に結婚しなくてはならないというルールはありませんよね。

 

 

好きで独身でいるにしても、出会いがなくて独身だとしでても、

本来周りにとやかく言われたくない事です。

 

 

私も結婚願望が薄く、自由で楽な独身生活を満喫していたので

特に焦りなどは無かったのですが、

ふと老後を考えた時に寂しく感じ始めました。

 

 

それは何故なのでしょうか?

そして、独身生活に中で老後の寂しさを解消するにはどうすればいいでしょうか?

 

独身で老後が寂しい。独身カップルと夫婦の違いとは?

結婚を必ずしなければならない決まりもない中で、

私が独身の時にふと老後寂しいと思ったのには訳があります。

 

 

老後なんてまだまだ先の事で、

これからまったく出会いがないと決まったわけではないですし、

夫ではなく彼氏でも問題ないように思いませんか?

 

 

しかし、大きく違うのは他人なのか家族なのかと言うことです。

 

 

結婚は人生のパートナーを決める事なので、

良くも悪くも連帯責任と言いますか

こちらがやった事も相手がやった事も責任が問われます。

 

 

誰かに責任をとって欲しいという訳ではなくて、

結婚という強い結び付きがあれば、

病気になった時、怪我をした時なども「一人ではない」と

心強く思えるのではないでしょうか?

 

 

自由な独身生活も捨てがたいですが、

老後を考えた時にそんなパートナーと支え合いたいと思ったのです。

 

 

独身から老後の寂しさを解消する為に、パートナーを探すには?

老後を考えてみたら寂しいので結婚もありだなと

急に思い直してみても、焦ったところで

すぐに結婚相手が見つかるはずはありませんよね。

 

 

友人からの紹介に頼って婚活を始めるには、

年齢的にも少々出遅れてしまいました。

 

 

そんな私が婚活の手段として選んだのが結婚相談所なのですが、

結婚相談所には様々な年代の方が登録されています。

 

 

将来的なパートナー探しという事もあり、

結婚に対する思いが真剣な方と出会いたかったので

結婚相談所にしたのですが、

利用した結果本当に良かったと感じています。

 

 

本人確認書類などを提出しなければ登録出来ないので、

真面目に将来を考えている方が多かったです。

 

 

気の合う今の主人と結婚し、

まだまだ先の老後の話などをしている時に、

独りじゃないんだなと幸せな気持ちになります。

 

 

独身生活ならではの楽しみもありますが、

ふと寂しいと感じたあの時に結婚相談所に登録してみて

良かったと思っています。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ