売れ残りと呼ばれるのは何歳から?売れ残らない為には?

ある程度の年齢になっても、好きで結婚しない方は沢山います。

 

 

まだ結婚という選択肢を選んでなかったり、

仕事上出会いがなかったりと様々な理由があるのに、

売れ残りと一括りにされるのは悲しいですよね。

 

 

現在婚活中という方もいるかと思いますが、

実際に売れ残りと思われてしまうのは何歳からなのでしょうか?

 

 

売れ残らない為の方法も合わせてご紹介したいと思います。

 

 

売れ残りと世間が思う年齢は何歳からなの?

私の意見ではなく、世の中の男性や女性から見て

売れ残りと称される年齢は何歳なのか調べてみると、

きちんとデータとして統合されていました。

 

 

女性から見た売れ残りの年齢調査の結果は

1位が35歳、2位が30歳とあり、

とある結婚相談所を運営されている方の意見では、

男性会員は35歳まででお相手探しをしている方が

一番多いとの事です。

 

 

つまり、一般的な意見としては35歳を境に

売れ残りと思われてしまうようですね。

 

 

女性側からしたら失礼な話ですけど、

その一般論を気にするか気にしないかは自由です。

 

 

その年齢で結婚していなければならない

決まりはないのですから。

 

 

しかし、自ら独身生活を選んでいるわけではなく、

出会いがなくて困っている方が

売れ残らない為にはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

売れ残らない為には積極的に自ら行動を!

独身生活を満喫している方は別ですが、

あまり出会いがなく焦っているという方も

多いのではないでしょうか?

 

 

しかし、ただ焦っていてもなんのアクションも起こさなければ

売れ残りになってしまうかもしれません。

 

 

出会いが少なく、結婚相手を探したいという方に

私がオススメしたいのが結婚相談所です。

 

 

先ほども結婚相談所を運営されている方のお話をしましたが、

結婚相談所では事細かに、会員の要望に合わせて

お相手探しを手伝って貰えます。

 

 

仮に35歳を越えていたとしても、

35歳以上も条件内の方の中から本人の条件に合ったお相手を

探すことができます。

 

 

要はお互いの条件がマッチした相手を

紹介して貰えるというわけです。

 

 

売れ残りと呼ばれる年齢だからといって、

将来のパートナー選びに妥協は禁物ですよね。

 

 

 

年齢を気にする方が多いのも現状ですが、

結婚相手に大切なのはフィーリングが合うかどうかです。

 

 

結婚相談所では価値観などが合う相手を探すことも出来るので、

フィーリングもピッタリの素敵なパートナーと

巡り会えるかもしれませんね。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ